甘露寺蜜璃に出た痣とは?【圧倒的パワーアップ】

2019年6月5日甘露寺 蜜璃

鬼殺隊の中で最高クラスの実力を持つ「柱」の中の一人、恋柱・甘露寺蜜璃について、

主人公・炭治郎と似たような痣が出現したことについてまとめていきたいと思います!

※ ちなみにこの先の内容は、まだアニメでは放送していない場面が多数登場するため、ネタバレが嫌な方はここから先の閲覧をお控えください。


そもそも甘露寺に出た痣ってどんなの?

主人公・竈門炭治郎のおでこには特殊な模様の痣が常にあります。

そして「ヒノカミ神楽の呼吸」を使った時など、ある状況に追い込まれると

この痣が広まったりします。

これが平常時の炭治郎です
これが痣の広がった時の炭治郎

そして痣が広まった状態では炭治郎はたとえ疲労困憊状態でも、通常時を上回るパワーを出すことができるのです!

そして、作品中で甘露寺の戦闘中、おでこではありませんが特殊な形の痣が出現しました。それが冒頭にもあるこのような感じです!

もちろん通常時にはこの痣はありません。

平常時の甘露寺です

何らかの状況に追い込まれたからこそ発現し、

その後の甘露寺の躍動っぷりには闘っていた鬼も驚くほど、目を見張るものがありました。

この戦闘ののち、柱がみな痣を出現できるように訓練すべきだという話になり、

甘露寺に実際痣が出現したときはどのような状態だったのかと聞くと、

…まぁ、答えにはなりませんでした(笑)

このあと同じく痣を出現したことのある時透が、「ほぼ確実に痣を出すための条件」

について説明しています。

それに関しては別の記事を用意しますのでそちらをご参照ください(完成以降こちらにリンクを掲載します)


最後に…

痣に関してはまだまだ本編でもわかっていないことだらけですが、

そのうちどの柱も痣を出現させたたり、もしくは痣が出現した一族による反逆など

痣に関する展開が予想されます。ぜひともチェックしていきたいと思います!

それでは今回はこのあたりで…