煉獄杏寿郎が死んだ際に放った言葉とは…【誰よりも真っ直ぐな「柱」の最期…】

煉獄 杏寿郎

炎柱・煉獄杏寿郎は「鬼滅の刃」内にて、すでに亡くなってしまっています。

真っ直ぐに、明快な駆け抜けてきた煉獄杏寿郎は

自身の最期に、共に上弦の鬼と戦った炭治郎に言葉を残します。

その言葉がとても響くかっこいいセリフなので、それを紹介していきます!


煉獄杏寿郎はなぜ亡くなってしまったのか

下弦の壱・魘夢との戦闘後、突如として現れた上弦の参・猗窩座

彼は煉獄杏寿郎を鬼になるよう誘いますが、

「老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ。老いるからこそ、死ぬからこそ、堪らなく愛おしく尊いのだ

強さというものは肉体に対してのみ使う言葉ではない。この少年は弱くない侮辱するな 何度でも言おう。俺と君では価値基準が違う」

と言い放ち、そのまま交戦。

必死に善戦しますが、あえなく殺害されてしまいます。

煉獄杏寿郎が最期に残した言葉とは

誰よりも真っ直ぐな「柱」、煉獄杏寿郎が言い残したセリフは

「胸を張って生きろ

己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと、心を燃やせ、歯を喰いしばって前を向け

君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない 共に寄り添って悲しんではくれない

俺がここで死ぬことは気にするな。柱ならば後輩の盾となるのは当然だ。柱ならば誰であっても同じことをする。若い芽は摘ませない」

「竈門少年、猪頭少年、黄色い少年。もっともっと成長しろ。そして…

今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ。俺は信じる。君たちを信じる」

そう言い放ち、息を引き取りました…

…いやかっこよすぎるだろ!


最後に

真っ直ぐな人生を送ってきた煉獄杏寿郎が言い残したセリフは、

彼の一貫性をさらに強める言葉でした。

残念ながらすでに亡くなってしまいましたが、その意志は炭治郎たちにきっと受け継がれています。

なにより、彼の家「煉獄家」には、ちゃんと跡取りもいます。

彼らのこれからの活躍に期待しましょう!

それでは今回はこのあたりで…