【ガイアの夜明け】残業0で年収600万って本当?

2019年6月25日テレビ

現代の飲食店の殆どでは朝早くに出社し食材の仕込み。

営業時間を数時間こなした後は夜遅くまで清掃、片付けといったように

残業なんて当たり前、労働基準法なんかどこ吹く風といった感じですが、

ガイアの夜明けで紹介された「佰食屋」というお店では

従業員の残業ゼロ、そして店長は年収600万を確実なものとしています。

もちろん、店長が利益を独占することなく、です。

そんな夢のような話は本当なのか、本当ならどうやっているのかを紹介していきます!


【ガイアの夜明け】残業で年収600万の店はどこ?

紹介された店は「佰食屋」

京都府にあるステーキ屋さんで、ランチ限定となっています。

正確に言うと一日百食限定で提供しており、営業開始は午前11時。

その百食は「昼の間に売り切れてしまう」ため、実質「ランチ限定」となっています。

毎日ほぼ必ず売り切れるため、食品ロスを大幅にカットできるうえ、

売り切れた瞬間にその日の営業は終了します。

公式サイトによると、通常14時30分ごろには営業が終了するそうです。


【ガイアの夜明け】残業0で年収600万って本当?

「佰食屋」 の従業員は午前9時に出社し、食材の準備や清掃をこなし

11時に開店。そして100食が売り切れるとその日の営業は終了し、18時までには従業員全員が帰宅します

そのため「残業ゼロ」、その上食品ロスも非常に少なく済み

「年収600万」という確かな数字も出すことができるのです。


最後に

現代社会ではほとんど不可能とされている「残業ゼロ」

過労死なども問題になる世の中で、その夢のようなことを実現している店も確かに存在するんですね。

これから先の「働き方改革」とても良い見本となりそうです!

それでは今回はこのあたりで…