【ダウンタウンのガキ使】磁石で鈴を寄せる「ベルズ」って?【6月30日】

テレビ

もはや番組の恒例シリーズとなっている「ボードゲーム会」

いいおっさんたちがボードゲームに一喜一憂する、中々奇妙で面白い企画ですが、そのなかで「ベルズ」というゲームが紹介されました。

そのゲームの方法や面白さなどをまとめていきます!


【ダウンタウンのガキ使】ベルズってどんなゲーム?

ベルズとは、カナダ発祥のボードゲームで

初めて登場したのは2014年と随分最近です。

大小たくさんのカラフルな鈴の集合に、強力な磁石の棒を近づけ、他の色がくっついてしまわないよう、うまく1色だけに絞ってより多くの鈴を収集するゲームとなっています。

誰かがいち早く鈴を10個集めたらその人の勝ちとなります。


【ダウンタウンのガキ使】ベルズの面白さは?

この「ベルズ」はルールが単純明快ですが、作業が緻密なため身長差を必要としたり、ふと「あっ!」というハプニングが起きたりするのが面白いポイントです。

番組では力の加減に随分と苦戦していて盛り上がっていましたね(笑)


最後に

いい年こいたおっさんたちが、子供たちが遊ぶようなボードゲームで盛り上がっているのは、ちょっとシュールですが深夜に見るにはちょうどいい感じですね(笑)

視聴者からも好評なようで、だからこそシリーズ化しているのかもしれませんね

それでは今回はこのあたりで…