マツコの知らない世界|オニオンリング野郎!|小椋康浩とは何者?|7月9日

7月9日の「マツコの知らない世界」では、オニオンリングと唐辛子について特集されています。

その中の「オニオンリング」の解説を務める「小椋康浩」さんとはいったい何者なのか?

まとめていきます!

スポンサードリンク

マツコの知らない世界|オニオンリング大好きな小椋康浩とは何者?

小椋康浩さんは学生時代「食」に興味があったため調理師を目指していましたが、

両親から反対にあい「首都大学東京」に入学、卒業後は一般企業に入社しますが、やはり食にかかわっていきたいと思い4年で退社。

株式会社「Anylog」を起業します。

この会社では提供者ではなく「消費者」目線で、料理単位でおいしいお店を探せるサービスとして

グルメSNS「マイカフェ」のβ版提供を開始します。

しかしそのサービスも今年(2019年)3月に「マイカフェ」の提供は終了し、5月にメンズコスメブランド「IYVO」をスタートしました!

スポンサードリンク

マツコの知らない世界|小椋康浩さんはなぜオニオンリングにはまった?

上の内容だと、「起業家」としてのイメージばかり強いですが、

「マツコの知らない世界」ではオニオンリングの解説者として登場しています。

小椋康浩さんはかつてアメリカへ渡り、オニオンリングの「本場の味」に感動して、「オニオンリングヲタク」になったそうです(笑)

日本ではサービスの提供度合いや人々への関心も薄いオニオンリングですが、アメリカではハンバーガーやピザと同じくらい市民権を得ており、

小椋康浩さんの主張として

・日本にはオニオンリング専門店が無い、という「市民権のなさ」

・基本冷凍で、「どこで食べても同じ味」

・ファーストフード店に行っても「セットにできない」ことがある

というのが不満だそうです。

(いやどんだけオニオンリング好きなんだよ (笑))

今回の「マツコの知らない世界」(7月9日)ではそれらのことを開設してくださるようで、なかなか面白そうです。

スポンサードリンク

最後に…

優秀な「起業家」としての面も持ちながらオニオンリングのことが大好きな「小椋康浩」さん。

正直僕も調べる前まではフライドポテト一択だったのですが、

ちょっと興味がわいてきました(笑)

番組では小椋康浩さんが選ぶ「おいしいオニオンリングのお店」も紹介されるそうなので、チェックしてみて美味しそうだったら僕も行ってみようと思います!

それでは今回はこのあたりで…