イッテQ|宮川大輔の向かった「千の滝」ってどこ?|7月14日

7月14日放送の「イッテQ」にて、祭り芸人「宮川大輔」さんが恒例のカレンダープロジェクトとして

インドネシアの「千の滝」という場所へ向かいました。

その千の滝とは一体どこなのか、どういった場所なのかをまとめていきます!

スポンサードリンク

イッテQ|宮川大輔の向かった「千の滝」の場所は?

「イッテQ」の番組HPによると、

「『千の滝』と呼ばれる絶景撮影に挑む。
インドネシアで最も美しい滝と称される“千の滝” 
標高 500m の美しい渓谷の中に現れる高さ 120m の滝で、 
まるでカーテンのように水が流れ落ちているという。」

という説明がされていました。

この情報から推測するに、今回宮川大輔さんが向かった場所は

「サルーパ滝」という場所だと思われます。

説明のように「美しい渓谷に流れる」「カーテンのような」滝です。

とてもきれいですね… なんだか日本庭園(?)のような場所にありそうな和風な感じもします。

これが東南・インドネシアにあるというのはなかなか驚きでした。

スポンサードリンク

最後に…

イッテQのカレンダープロジェクトは毎回力作を詰め込んだものになり、

今回の宮川大輔さんの「サル―パ滝」での撮影もそれらに匹敵するいい作品になると思います!

それでは今回はこのあたりで…