カンブリア宮殿|金山洋太郎が経営!「ファイントラック」って?|7月18日

7月18日放送の「カンブリア宮殿」での「山男特集」にゲストとして登場する「金山洋太郎」さんはとある会社を経営しています。

その会社とはいったい何なのか、またなぜその会社を経営する金山さんが「山男特集」に呼ばれたのか、まとめていきます!

スポンサードリンク

カンブリア宮殿|金山洋太郎さんが経営する会社は?

「カンブリア宮殿」のゲスト「金山洋太郎」さんの経営する会社の名前は

株式会社「finetrack」(ファイントラック)です!

この会社は2004年創業で、従業員数30名のベンチャー企業で、

アウトドアウェアやアウトドア用具の企画・製造・販売を行っています。

理念としては「遊び手=作り手」というもので、素材開発からこだわるモノ創りをすすめています。

スポンサードリンク

カンブリア宮殿|金山洋太郎さんはなぜ「ファイントラック」を立ち上げた?

ではなぜ、「金山洋太郎」さんは株式会社「ファイントラック」を立ち上げたのでしょうか?

実は、今回「カンブリア宮殿」に「山男特集」のゲストとして呼ばれた理由にもつながるのですが、金山洋太郎さんは少年時代から登山一筋!

死をも覚悟するような危険なクライミングも幾度とこなしてきたそうです!

そのためアウトドアスポーツへの情熱は人一倍ああり、バックカントリースキー・MTB・カヤック・釣りなどジャンルにこだわらず、それぞれで「本気で遊ぶ」ことも忘れない時間を過ごしてきました。

そんなアウトドアスポーツが大好きな金山洋太郎さんは、繊維のプロでもありました。

日本の繊維界を築いてきた大阪の街で徹底的に鍛え上げられ、メーカーの開発セクションを総括するベテランにまで成り上がり、取引先の繊維メーカーの新人たちを逆に教育するようなこともあったそうです。

そして自身の経験から大胆かつ斬新なアイデアが誕生しましたが、一介のサラリーマンでは叶えることが限界だと悟った金山洋太郎さん。

「自分のアイデアで納得するものを創りたい」

そう決意した金山洋太郎さんは2年間の構想期間を経て、先ほども挙げた「遊び手=作り手」というビジネスモデルを持った会社

「finetrack(ファイントラック)」を立ち上げ、経営者として君臨しました。

スポンサードリンク

最後に…

今回の「カンブリア宮殿」ではあくまで「山男」として登場しますが、「ファイントラック」ではアウトドアウェアも開発・販売しているので、

もしかしたら経営者本人によるしょうひんせつめいなんかもあるかもしれませんね(笑)

それでは今回はこのあたりで…