甘露寺蜜璃は継子をもつの?なるなら誰?|鬼滅の刃

嘴平 伊之助, 甘露寺 蜜璃

「鬼滅の刃」の最強剣士「柱」の一人、恋柱:甘露寺蜜璃は「恋の呼吸」というのを使います。

そして、柱の中には次期・柱として直々に指導する「継子」をとるものもいます。

恋柱:甘露寺蜜璃は継子を持つのか、持つとしたら誰になるのかを考察していきます。


甘露寺蜜璃は継子をもつの?|鬼滅の刃

「鬼滅の刃」では通常、柱が自分の使う「呼吸」(≒剣技)と等しい、またはそこから派生した呼吸を扱う剣士(鬼殺隊隊士)を継子にとります。

たとえば、蟲柱:胡蝶しのぶ は継子として主人公:竈門炭治郎の同期生である「栗花落カナヲ」を継子として取っており、栗花落カナヲは胡蝶しのぶの使う「蟲の呼吸」から派生した「花の呼吸」を使います

なので、甘露寺蜜璃も継子を持つとしたら、甘露寺蜜璃の扱う「恋の呼吸」と似た呼吸を持つものを探さなくてはいけませんが、

実は「恋の呼吸」がどこから派生しているのか現時点ではわからないのです…

そもそも呼吸とは、 「日の呼吸」が全ての呼吸の原点で、そこから「水」「雷」「炎」「岩」「風」の5つの流派が派生、そこからまた更に新たな流派が派生しています。

ちなみに先ほど挙げた「蟲の呼吸」「花の呼吸」は「水の呼吸」から派生したものになります。

じゃあ「恋の呼吸」とはいったいどんな呼吸(剣技)なのかというと…

こんな感じです……

甘露寺蜜璃の扱う刀は結構特徴的で、メチャクチャ薄くて柔らかいです。

そして上のコマにもあるように、甘露寺は筋肉が常人の8倍詰まっているという特殊体質であり

関節が異常に柔らかく、かつて行われた「柱稽古」では(詳しくはこちら 鬼滅の刃|柱稽古って毎年やってるの?今回だけのイレギュラー?

地獄のような柔軟体操を鬼殺隊隊士たちにさせていました。

なので甘露寺蜜璃の「恋の呼吸」はどちらかというと「体術」に近いような感じで…正直「水」や「火」などからの派生とは考えにくいです…

まぁしいて言えば、現代に残る全ての呼吸の祖である「日の呼吸」からの派生、としか言えませんね

このまま「甘露寺蜜璃に継子はいないし、今後も誕生しない!」だと面白くないので、一応

甘露寺蜜璃の継子になる可能性のある人物を考察してみます…


甘露寺蜜璃の継子は誰になるの?|鬼滅の刃

では、甘露寺蜜璃の継子になる可能性のあるキャラクターですが

可能性は低いですが、「嘴平伊之助」だと思われます。

あくまで可能性ですよ!結構低いとは思いますが、現時点で登場したキャラクターで、甘露寺蜜璃の継子になる「可能性」のあるキャラクターは 伊之助だと思います。

理由としては

・伊之助の使う「獣の呼吸」も「恋の呼吸」と同じく分類しがたいオリジナルの呼吸であること

・伊之助も甘露寺蜜璃と同じく人外の柔らかさ、身体能力を誇っていること

これらの理由から、嘴平伊之助は甘露寺蜜璃の継子になる可能性のあるキャラクターだと考察しました。

ですがご存じのように伊之助の「猪突猛進」な性格は、甘露寺蜜璃のほんわかした性格とは正反対にあるとも言えます。

そんな人物を自分の後釜として育成していくとはなかなか考えにくいですが、今回はこのように結論付けたいと思います。


最後に…

現在の柱で継子をとっている柱はいないので(胡蝶しのぶさんも亡くなってしまったので…)

考察しきれない部分もありますが、岩柱:悲鳴嶼行冥さんも弟子として(継子ではなく)「不死川玄弥」をとりましたし

もしかしたら上のように伊之助が甘露寺蜜璃の継子になる可能性もあります。

とりあえず、今後の展開をチェックしていきたいと思います。

それでは今回はこのあたりで…