鬼滅の刃|痣がもう出てるのは誰?

【鬼滅の刃】痣, 冨岡 義勇, 悲鳴嶼 行冥, 時透 無一郎, 甘露寺 蜜璃, 竈門 炭治郎

「鬼滅の刃」のキャラクターの一部は「痣」と呼ばれる模様を出すことで急激なパワーアップを果たすことができます。

「痣」の存在を知った柱たちは痣を出すように訓練するのですが、実際にもう痣が出ているのは誰なのか

まとめていきます。


鬼滅の刃|そもそも痣の効果は何?

「いや、そもそも痣ってなんだよ」と思った方がいるかもしれませんが、「痣」についてここで話してしまうと少々長くなってしまうので、下の記事に詳しいことをまとめました。

よろしければこちらを見てからこの記事に戻ってみてください。

鬼滅の刃|痣とは?条件は?リスクは?|鬼を超えるための「覚醒」


鬼滅の刃|もう痣が出てるのは誰?

この記事を書いているのは2019年8月10日、最新話は170話。

ちょうど悲鳴嶼行冥が上弦の壱「黒死牟」と戦闘開始したところです。

この時点で、既に痣が出てるキャラクターが誰なのかをまとめていきます。

①一般隊士「竈門炭治郎」

もともとおでこにある火傷の跡が、上弦の陸「堕姫」との戦闘中に一気に濃くなり、「痣」として出現しました。(下の記事にもまとめています。)

竈門炭治郎のおでこにある痣は何?【実は○○から受け継がれているもの】

②恋柱「甘露寺蜜璃」

上弦の肆「半天狗」の分裂体との戦闘中、首元辺りに「痣」を出しました。(下の記事にもまとめています。)

甘露寺蜜璃に出た痣とは?【圧倒的パワーアップ】

③霞柱「時透無一郎」

上弦の伍「玉壺」との戦闘中、頬やおでこの辺りに「痣」が出ています。

また上弦の壱「黒死牟」との戦闘時にも、自分から「痣」を出すことに成功しています。

④水柱「冨岡義勇」

上弦の参「猗窩座」との戦闘中、頬のあたりに「痣」が出ました。

⑤悲鳴嶼行冥

上弦の壱「黒死牟」との戦闘中、両腕に割れ目のような「痣」を、自分から出しています。


最後に…

他の記事でまとめましたが「痣」を出すための条件は結構過酷で、医師からすると活動できるはずがない状態でも動かなければいけません。

(「痣」の条件に関してはこちらをどうぞ 鬼滅の刃|痣とは?条件は?リスクは?|鬼を超えるための「覚醒」

それをクリアできるとなると、、、やはり柱くらすになってしまうんでしょうね。

でもそのうち善逸とかカナヲ、伊之助なんかも「痣」を出して戦闘することが展開としてはあり得そうですけどね

それでは今回はこのあたりで…