善逸の「じいちゃん」の最期が悲しすぎる…【弟子に裏切られ…】

2019年6月12日その他, 我妻 善逸

善逸に雷の呼吸を教えた”育手”である「桑島慈悟郎」 

通称「じいちゃん」について、その経歴や弟子、

そして悲劇によってもたらされた最期を紹介します!


善逸の「じいちゃん」とはいったい誰なの?

善逸がかつて「じいちゃん」と呼んでいたのは、自身の育手である

「桑島慈悟郎」という人物です。

左コマの人物です

この人は元・雷柱であり、当初は名前が解らなかったですが、小説版において判明しました。

立派な鬚を生やし左頬に傷があり、左足は義足です。

非常に修業が厳しく、泣いて逃げ回る善逸を捕まえては殴り、修業に戻しての繰り返しでした。

しかし「じいちゃん」の善逸への厳しい修業は愛情の裏返しであり、善逸もそれに気づいていました。

善逸は、逃げ回る自分を何度も捕まえては修業させ、最後まで見捨てなかった「じいちゃん」を慕い、

「じいちゃん」と呼ぶようになりました。

「じいちゃん」本人も、善逸にそう呼ばれるのはうれしそう(笑)


善逸の「じいちゃん」の弟子は誰だったの?

現在判明している限り、善逸の「じいちゃん」には弟子が何人かいて、

名前が判明しているのは「善逸」と「獪岳」です。

この獪岳という人物は後に「鬼舞辻無惨」の配下である十二鬼月となります。

「じいちゃん」のほかの弟子たちについてはまだ判明していません。


善逸の「じいちゃん」の悲しい最期とは…

先ほど紹介した「じいちゃん」の善逸以外の弟子、「獪岳」は

かつて十二鬼月に襲われ、絶体絶命の状況で命乞いをし、結果鬼となりました。

そして鬼となった弟子の師匠である善逸の「じいちゃん」は、

自身の門下から鬼を輩出した責任をとるため、切腹しました…

それも介錯もつけず、「じいちゃん」自ら腹を切り、果てるという苦しい方法でした…

最期に

いわば「雷親父」のような存在であった善逸の「じいちゃん」

その最期は自身の弟子の尻ぬぐいだったんですね…

獪岳と善逸は既に再会を果たしていますが、当然のことながら善逸は獪岳を殺すつもりで挑んでいました。

まだ獪岳は生きているため、再び善逸と相まみえる時が来るのでしょうか…

何とか決着をつけてほしいです!

それでは今回はこのあたりで…