【鬼滅の刃】伊之助の使う技一覧!【〇の呼吸・型!】

2019年7月1日

漫画「鬼滅の刃」にて猪突猛進に生きる「嘴平伊之助」

彼の使う技もまたワイルドなものばかりで、「獣の呼吸」というのをベースに繰り出されます。

今回はそれらについてまとめていきます!

スポンサードリンク

嘴平伊之助の使う呼吸は?

嘴平伊之助が扱う呼吸は「獣(ケダモノ)の呼吸」というもので、

力比べの果てに倒した鬼殺隊士から学んだ(技を盗んだ)のか、自然の中で独自に生み出したは

わかりませんが、基本の呼吸である火・水・雷・岩・風の呼吸には属さない、彼独自の呼吸であることには間違いありません。

また鬼殺隊士と同じく、著しく増強した心肺によって一度に大量の酸素を血中に取り込むことで瞬間的に身体能力を上昇させ、

鬼と同等の戦闘能力を得る“全集中の呼吸”を扱うことができます。

スポンサードリンク

嘴平伊之助の技にはどんなのがあるの?

嘴平伊之助の剣技は、嘴平伊之助が独自に編み出した「獣の呼吸」をベースに繰り出される技で、

「獣の呼吸 ~の牙」といった形で繰り出されます。

・壱ノ牙 穿ち抜き(うがちぬき)

揃えた二刀による全力の突き技です。

・弐ノ牙 切り裂き (きりさき)

二刀を勢いと共に十文字に斬り下ろす技です。

・参ノ牙 喰い裂き (くいざき)

交差させた二刀を、外側に向けて左右に振り抜く。

・肆ノ牙 切細裂き (きりこまざき)

素早い六連撃によって、前面広範囲に強力な斬撃を浴びせる攻撃です。

・伍ノ牙 狂い裂き (くるいざき)

二刀を滅茶苦茶な軌道で振るい、四方八方に斬りつけます。敵に囲まれたときなんかに有効です。

・陸ノ牙 乱杭咬み(らんぐいがみ)

攻撃面における、伊之助の切り札です。
二刀の刃を、対象の一点で噛み合わせるように挟み込み、欠けた刃を鋸(ノコギリ)のように扱い、引き裂き絶つ技です。
単純な威力では伊之助の技の中でも最強で、対象の剛柔といった物理特性をある程度無視できる上、格上の鬼の頸を落とす事すら可能となっています。
ただし、一点集中(二刀のメリットを捨てる)な上、充分な威力を引き出すには刃の根本で挟む必要があり(超密着状態)、刃先まで引き切るために技の始動から完了まである程度タイムラグが生じてしまうのがデメリットです。

・漆ノ型 空間識覚 (くうかんしきかく)

攻撃系の技ではないため、『型』となります。
優れた触覚をさらに研ぎ澄まし、大気の微細振動を捉える事で、幻惑の術の類を無視して広範囲の索敵を行います。
この技の際は集中のため刀を手放すので、一時的に無防備となります。

・捌ノ型 爆裂猛進 (ばくれつもうしん)

攻撃系の技ではないため、『型』となります。
機動面における伊之助の切り札で、全集中の呼吸法で強化した肉体で、超前傾姿勢をとり、
両腕を背に流して空気抵抗を減らした上で、一切の回避・防御を捨てて直線軌道で走りぬきます。
格上の鬼ですら一瞬怯ませ、虚をつくほどの速度で駆ける事が可能です。

スポンサードリンク

最後に…

術者がワイルドならその技もワイルド。

嘴平伊之助はどこまでもワイルドな性格でほれぼれしますね。

これから先、紹介したような技がアニメで出てくると思うので是非チェックしましょう!

それでは今回はこのあたりで…